リビルトエンジン、ターボチャージャー、オルタネーターets

リビルト品は、費用と効果のバランスがいい

自動車修理 サポートパーツ情報

自動車が万が一故障して動かなくなってしまった場合、修理をするにはどのような方法があるでしょうか。

 

  1. ディーラーや修理工場などに持ち込んで、すべてお任せで修理をしてもらう。
  2. プロの整備士に点検診断してもらい、必要な部品(リビルト品や中古品など)を自分で用意

    する。

 

故障の原因がどこにあるかによって、修理の仕方も変わってきますが、
最近では2.の方法、自分で部品を調達してディーラーなどに持込み修理をしてもらう方が増えてきています。

 

エンジンやターボチャージャー、オルタネーター、セルモーター、噴射ポンプなどの機械部品は、昔は業者以外には販売してもらえなかった部品が、今では、個人でも簡単に販売してもらえるようになってきています。

 

ネットで部品販売をしているところは、価格は表示されず問い合わせる必要があるサイトが最近でもありますが、ネットオークション効果でしょうか、価格表示がされて販売されるようになってきました。

 

 

中古部品の場合は、発送まで数日を要することもあるようですが、


リビルト品は振り込みを済ませれば、翌日には手元に届くシステムになっているところがほとんどです

是非利用したものですね。

 

 

 

ただし、一口にリビルト品と言ってもピンからキリまであり、性能、精度、価格はバラバラです。
粗悪品と言われるものも実際に販売されていますので、そのあたりは見極める必要がありますね。

 

 

 

一番の目的は、効率よく愛車をよみがえさせること。

 

 

 

『費用対効果』のバランスを考えたポイントをご紹介していきます。

 

 

自動車を長持ちさせる大切なポイント

今では、エコロジー意識が高まって、車を大切に長く維持して乗るする人が増えました。
昔とく比べて自動車のエンジンなど、性能や品質が飛躍的によくなっていますので、走行距離も10万キロ以上なんて当たり前、20万キロ以上の車でも問題なく街中を走っています。

 

10年以上になると、錆がでてきて穴があくともいわれますが、それも、昔のお話です。

 

 

とは言え、自動車はオルタネーターをはじめ、機関部、駆動部、足回りなど消耗品だらけです。
オイルや冷却水、バッテリーはもちろんのこと、ゴムや金属部分も経年劣化していきます。

 

 

費用を限りなく掛けることができれば、新車に近い状態を維持することも不可能ではありませんが、大切なのは、『費用対効果』のバランスが取れていることですね。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
エンジン ターボチャージャー オルタネーター 噴射ポンプ セルモーター